Products

通せるカップスリーブって何?

カップと『何か』が一緒に持てて
保温・保冷効果もある
「取手つき」コーヒースリーブ

取手になるスリットに指を通すと、コーヒーカップと『何か』が一緒に持てるカップスリーブ。
例えば、バッグを持って傘をさしている雨の日も、コーヒーと傘を一緒に持って晴れの日のようにコーヒーが買えます。
保温・保冷効果があり、ホットコーヒーカップにも、アイスコーヒーカップにも使えるので、一年中活躍する便利なカップスリーブです。
※「通せるカップスリーブ」は、Objectiboo!のライセンス商品です(意匠登録済)

通せるカップスリーブの特徴

巻きつけるタイプなので
いろんなカップに使える

通せるカップスリーブはコンビニコーヒーの各種カップに対応

円弧型の本体をカップに巻きつけて使うタイプなので、いろいろな大きさのカップに対応することができます。
コンビニやカフェで使われているコーヒーカップから、野球場などで売られている大きな紙カップにまで使えます。

缶やペットボトルにご使用になる場合は、「通せるクージー」をご使用ください。

※カップは各社で大きさや形状が異なりますので、全てのカップに対応しない場合がございます。

保温・保冷効果を実験!!

通せるカップスリーブの保温性を実験

温かいドリンクの温度変化

気温8℃の屋外に「通せるカップスリーブ」を装着したカップと未装着のカップを放置して実験しました。
中身の温度が10分後には5.7℃の差、20分後には8.8℃の差、30分後には11℃の差が計測されました。
詳しい実験結果はこちらをご覧ください。

断熱性があるので、
熱いカップを持っても熱くない

カップの表面温度を測定

カップの表面温度を測定

カップの表面に温度計を当てて手が触れる面の温度を測定しました。
カップのままは「65.9℃」、店頭で無料でつけてくれることが多い「紙製のカップスリーブ」は「46.9℃」、通せるカップスリーブの結果は「35.4℃」でした。
詳しい実験結果はこちらをご覧ください。

指が触れない二重構造

二重構造の取手部分

取手になるスリット部分には独自の二重巻き構造を採用しており、指が直接触れないような工夫がされています。

結露の水滴で
デスクが濡れない

ice-cup

アイスコーヒーを買ってデスクに置いておくとカップの結露でデスクの上に水たまりができてしまうのが悩みの種です。
デスクの上に30分間置いておいても、吸水性のある「通せるカップスリーブ」を装着してあるとデスクの上がほとんど濡れません。
詳しい実験結果はこちらをご覧ください。

こだわりの国内生産

「使い捨ての安かろうな物」ではなく「長く愛用して頂きたい」という気持ちが大きくなり、2015年秋より生産拠点を中国から日本へと切り替えました。
生地には上質な国産ネオプレンを使用し、全ての工程を国内工場の熟練した職人さんにお願いしています。
一度手にして頂けば、値段相応のクオリティにご納得頂けると思います。

Mediaメディアで紹介されました

zoomin
日本テレビ
ズームイン!サタデー
あさパラ! 2016年8月6日放送分
岡山放送 なんしょん?
読売新聞 2016年7月4日
読売新聞2016年7月4日
日経プラス1 2016年2月27日
日経新聞土曜版 NIKKEIプラス1
2016年2月27日
FM yokohama The Burn 2019年5月18日放送
FM yokohama The Burn
TOKYO FM Blue Ocean 2015年12月3日放送
TOKYO FM Blue Ocean