Tips

100均ウォーターボトルの保冷と結露の水滴対策に通せるクージー

100均ウォーターボトルの保冷と結露対策に通せるクージー

お茶やデトックスウォーターなどの持ち歩きに人気の100均で買えるウォーターボトルはSNSなどでも話題になっていて、品薄状態のお店もあるとか。
手軽だけれど、プラスチック製の容器に冷たいものを入れると結露の水滴でバッグの中が濡れてしまうのが悩みの種。
保冷機能もないので、真夏はあっという間にぬるくなってしまいます。
そこで、通せるクージーを100均ウォーターボトルの保冷と結露対策に使えないか装着して検証しました。

100均ウォーターボトル

今回テストしたのは、セリアから発売している500mlボトルと400mlボトル、キャンドゥから発売されている350mlの3種類
雑貨屋などで見かける500mlボトルは、セリアから発売されているボトルと同じ大きさのようでしたので今回は割愛。

ちょっと寄り道

セリア 500mlウォーターボトルに通せるクージー500

002

ボトルの直径はペットボトルと同じくらいなので、装着感はぴったり。
ボトルの高さと通せるクージーの高さもいい感じです。

セリア 400mlウォーターボトルに通せるクージー350

セリアのウォーターボトルに通せるクージー

こちらも直径はばっちりですが、通せるクージー350だと高さが少し足りませんでした。
通せるクージー500だと、すっぽり隠れるけれど装着したまま飲むことはできません。
結露対策優先のカバーとしてであれば、通せるクージー500の方がいいかもしれません。

キャンドゥの350mlウォーターボトルに通せるクージー350

004

これまた直径も高さもぴったりでした。
先ほどのセリアの400mlボトルよりも個人的にはこちらの方がおすすめです。

保冷効果について

実際にどのくらいの保冷効果があるのか。
35℃の真夏日に実験した記事がありますので、こちらをご覧ください。
真夏日に通せるクージーの保冷効果を実験してみました

結露の水滴対策について

通せるクージー本体に使われているネオプレン生地には吸水性があります。
同素材で作られた「通せるカップスリーブ」をアイスコーヒーに装着した時には30分経ってもデスクがほとんど濡れませんでした。
実験結果は、アイスコーヒーの結露の水滴対策に「通せるカップスリーブ」をご覧ください。

この記事で使用した通せるクージーシリーズ

通せるクージーについて詳しく見る