Report

Tokyo Design Week 2015レポート

2015/11/11

Objectiboo! TOKYO DESIGN WEEKブース

Tokyo Design Weekが終わったら一息…と思っていたのですが、新たな動きも出てきたりでバタバタしていたらあっという間に時間が過ぎていました。
少し遅くなってしまいましたが、Tokyo Design Week 2015レポートです!

Objectiboo!として初めての大きな展示会への出展だったのでドキドキなところもありましたが、始まってみれば本当にたくさんの方がブースにお立ち寄り頂けて安心しました。
普段はネットをメインで販売しているのでなかなかお客様の生の声を聞く機会が少ないですが、Tokyo Design Weekではたくさんの方からご意見ご感想を頂けて本当にうれしかったです。
皆様から頂いたご要望は、これからの製品づくりに反映できるよう精進してまいります。

Tokyo Design Weekクージーのディスプレイ

初めての展示会でしたが、新たな試みとしてブースデザインを若手チョークアート/サインボードアーティスト”MAZ fantasy pen works” 松岡 可奈枝さんとのコラボレーションで完成させました。
Objectiboo!のデザインコレクションそれぞれに黒板を使ったサインボードを描いてもらい、サインボードを飾るフレームをObjectiboo!で製作しました。

松岡さんとは去年までObjectiboo!のオフィスを置いていたシェアオフィス「レインボー倉庫」の仲間で、なにか楽しいことを一緒にできないか探していた時にこのTokyo Design Weekの機会があったのでコラボレーションをお願いしました。
松岡さんは、レストランのメニュー、結婚式のウェルカムボードなどの製作活動の他、下北沢レインボー倉庫3でカリグラフィーのワークショップを開催したりと幅広く活躍しているアーティストです。
MAZ fantasy pen worksのホームページ

会場内の他のブースもいろいろと見て周ったのですが、新しい製品に取り入れてみたいサービスを展開されている企業様もいくつかあり新しい刺激もいろいろ吸収できた5日間でした。
最後になりましたが、Tokyo Design Weekのブースにお立ち寄り頂いた皆様、どうもありがとうございました。

次の展示会は11月21日と22日のデザインフェスタ Vol.42です。